スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WISCの結果で出来る支援を考える ⑦処理速度

さてさて群指数解説の最終回に当たります、
長文が続きましたが、お付き合いくださった方々
お疲れ様でございました。
次回からあとの記事も、読みたい、読まなくちゃ、
読んでみようかな、と思えるものになるよう頑張ります。


読むほうも大変だったと思う連載(?)だった。
読むほうが心の準備できてないと
心えぐられるであろうアレコレ結構かいていますので。


専門家からの説明が分かりにくいんじゃなくて、
親が受け止められないだろうと判断したから
詳しく話さなかっただけなんだ、と
あるいは、専門家はちゃんと話していたのに、
当時の自分が分かってなかったんだ、と
気がついちゃったりもしてな。

まあ、まれに説明がヘタな専門家もいるけど。
「・・・ってゆーか、もしかしてあなたも発達障が・・・
ぐえっふげふんごふん」みたいな、
専門家も、少なくは、ない、と思う。

でもこういう人は「自分がそうだったから、家族がそうだから、
気持ちがよく分かるから助けになりたい」というアレで
専門家になった人が大半なので、分かり合えると、
ものすごく強力に寄り添ってくれる味方になってくれるぞ。

****

処理速度が強いか弱いかみていきましょう、

WISC4だったら「符号」「記号探し」「絵の抹消」
WISC3だったら「符号」「記号探し」
ここの平均値を出します。

4で絵の抹消3で記号探しはもしかしたら
やっていない子供もいると思う。
テスト中の様子で「コレは無理」と判断されたら
省略してもいい(実施したところでよい結果が
出ない)ということらしいので。



例えば
WISC4で符号8記号探し13絵の抹消11とかだったら
平均値は10,7くらい、

WISC3で符号14記号探し10だったら
平均12、と言うことになる。

そして年齢相応が10。
10以上あるなら問題なし、強みとみなしていい。
9でも全然許容範囲。

10あるけど他が16なんじゃとかで、
他と3以上の差があって低い、
あるいは7以下の数値が出ている、と言う場合は
弱み。



**

「処理速度」が弱みだった場合



+++書くのおそっ+++

驚きの遅さ。
丁寧なんだけど遅い、締め切りに間に合わない。
符号が低めだと時間配分が苦手。

ゆっくりゆっくり書いている。

他の子供が5分で書き終わる黒板うつし(以下
板書とします)に10分かかる。

で、書くのに夢中になってしまって、
書いている最中は全然、先生の話が耳に入っていません。


記号探しが低かった場合、注意力が持続できない、
よって書くのが遅い上に書き間違いも多いはず。

メモ取りも苦手だろうなあ。
書くのが遅い上に誤字もたくさん、っていう
トホホなノートになっちゃうはず。

似た漢字はしょっちゅう間違える。




+++音読、計算が遅い+++

「計算力なんてある程度訓練で何とかなるかもよ」と
いいたいところなんですが、

数こなしたところで、思うように伸びないタイプかと。
やってもやっても成果が出ない、
スピードが人並みかそれ以上にならない、みたいな。

書くことそのものが苦痛なんで、
問題数をこなせば計算力が上がるんじゃ、とか
あまり期待しないほうがいいと思う。




+++課題が締め切りに間に合わない+++

普通に考えて、十分な時間を与えたはず
なんだけど、締め切りまでに課題が出来ない。

他の子が、下書き、清書、色づけまでして
絵画を仕上げているのに
下書きで終わっていたり(下書きも途中だったり)。

プリントを1まい与えて、ちょっと自習!
もし終わっちゃったら裏に絵かいてていいよ!って
教室を出て、用事済ませてもどってみたら、

大半の子どもは終わっていて、
中には暇すぎて後ろに絵を描いて遊んでいる子どもまで
いるっていうのに、あれ・・・まだ問3やってる、
最後まで出来てない、でもサボってたわけじゃない、みたいな。



+++準備を任せたのに終わってない+++

とにかく終わらない。
手際が悪い。

あんまり考えずに、ってゆーか特に考えることないじゃん、
必要なものをカバンにつめるだけじゃん!
さくさくやれば終わるのに!
事務的にやれば終わるのに!って
思うんだけど、とにかく終わらない。

いちから任せたら大抵こっちが
「えっ?!まだ出来てないの?」で泣きを見るはめになる。



+++周囲の遊びについて行けない+++

周囲から見たら「その子がトロい」のであるが、
本人から見たら世界の時間が早すぎる。

自分的には、かくれんぼをやっていたのに、
気がついたら、遊びの内容がとっくに変わっていて
隠れていた自分を見つけてもらえないまま、
周囲はすでにドッチボールに興じていて、
あれれ自分だけ置いてけぼり状態。

トランプとかジェンガとかの
順番が回ってきたら手を出して楽しむようなゲームで、
自分の順番わかってなくて周囲に何度もせかされたり、
また手元がおぼつかないので、慌てたのも手伝って、
カードばら撒けちゃったり。

スピードや手先の技巧性が要求されるような
ゲームや競争では「いつも負け」だったり。



**

こんな感じだと思うんで、出来る補助を考える。




☆☆「言葉の説明」をしてやる☆☆

図を使う学習のときは、意味を言葉で丁寧に解説。

音読では、ただ読むのに必死で内容把握まで
いけてないことが多々あると思うので、

まず予習として、新規の単語の意味はおさえておき、
段落ごとに切って多分意味を知らないであろう
表現を図もつけて口頭説明したり、
理解出来るように、ちょっと丁寧に解説を。





☆☆「時間は十分に」☆☆

廃止が決まったセンター試験でも、発達障碍があるのなら、
時間を長めに取れるように配慮しましょう!的な
流れになっていましたが、

で、私コレはどんどんやるべきだと思う、
だって、国公立大学でそういう配慮をしているなら、
私立大学も続くし、私立大学がやるなら、私学高校中学も
それにならうし、さらに公立の中小もそこに習う。

そしてコレは本人の惰性や性格のせいではなく、
自力でも誰でもどうにもできない「障碍」だ。
配慮があるのは当たり前、ってのがやさしい社会なので。


ただし、まあ、それ理想論で、世の中締め切りも勿論
必要なんです。何時までも待ってられない。
だから、せめて家の中や身近な世界だけでも
締め切りを設ける必要が無いのなら、
時間は十分にとってやるのが配慮かと。

いやいや、長時間つきあってられないんじゃ、
時間を十分に取れないんじゃい!って場合は、

逆に難度を下げて、時間内に終わることを
課題として出す。出来ないであろう部分はもう手伝う。

黒板を写す負担を減らすためにデジカメOKとか。
本当は全部ノートに書いて欲しいけど、
プリント穴埋め式を最初に渡してしまって、
穴だけ埋めればいいように配慮してやるとか。

これなら必要十分だろう、達成できるだろう、という課題にしてやる、

与える仕事や作業を、周囲が「選ぶ」必要がある。



☆☆「チェックリスト、TODOリストを作ってやる」☆☆

準備とか相当アレなんで、
用具のリストなどを作ってやってください。

TODOリストを作って「今日ねるまでにやること」を
流れが分かるように、一覧と手順を示してやってください。


優先順位を考えてやらせる、
今日やるべき課題を選ぶ、のは、最初から
相当の期間、恐らく親の仕事になってきます。

経験つませて、ある程度リストがあれば
毎日をこなせるようになったら、
やるべきことを増やしてみたり、
自分でリストを作らせて(失敗させて)フォローして、
いずれの自立につなげましょう。




☆☆「読みやすい文字の大きさ」を考える☆☆

目で追うのが苦手だよ、多分。
あまりに細かい文字だから
読み間違いや写し間違いをやらかす。

膨大な量だから
読み間違いや写し間違いをやらかす。

だったら、文字量を減らしてやれば良い。
大きくて見やすい活字にかえてやればいい。
段落ごとに内容ごとに区切ってやればよい。

年齢相応ではない、と言う結果が出ているわけですから、
低学年の教科書の文字の大きさを参考に
文字の大きさをあわせたり、コピーなどでは拡大機能を使う。
または高齢者用の大きな文字の本を活用する、
などなどして、
負担が少ない方法を選んでやれば良い。
その方法で解答して100点に近づけるなら、
みんなと使う道具が違うだけで、ルートが違うだけ。
目標は達成。

文庫本の細かい文字で読もうが
でか文字の本で読もうが、
書かれている内容は一緒でござるよ?



ちなみに2号ちゃんは

処理速度にはまったく問題がないのであるが、
どうも漢字の、線が1本多いとか少ないとか
そういうポカをやりがちなので、

いったん写し間違えた漢字は、その時点で、
ワタクシが裏が白い紙に大きく書きます。
その際、口頭での説明を付けつつ、です。
「まず、さんずい。横線3本、突き抜けてはねて、
 ×にして、上すみっこに点」

はい、「浅」の字の解説でした。最初横線2本で間違えてた。
でっかい文字、横にお手本、口頭でも説明、意外と効きます。

「その子に合った補助」ってことね。
知能テスト結果ではそういう配慮いらないはずなんだけど、
どうもミスが多いから、似た困り感に有効な手立てなら
使ってみるとぴったりハマることがある。

あ、さらっと書いたけど「手本」『見本』『例』をおく、のも
かなり有効な補助ね。





☆☆「文具」「道具」を工夫☆☆

道具でかなり左右される場合があるよ。

個人的には
「処理速度が遅い」もしくは「不器用」な子どもに、
軸がまるいエンピツつかわせている親って
何考えてるんだろ、とさえ思う。

あれツルツルしてて掴みにくい、手が疲れる。
六角エンピツ、ベストは三角エンピツもしくは
握りやすいようにグリップ付けて太軸だと思う。

短すぎる鉛筆も書きにくい。

左利きの子にはもう左利きの文具用意してください。
三角定規とかハサミ、超使いにくそうにしているよ、
使いづらい道具だと、手元が定まらなくて、
ますます書くのが、課題の仕上げが、遅くなる。

100均の文具も侮れない反面、
比較的お高い文具には
値段が高いだけの理由や工夫があるんだな、と
その使い勝手のよさに感動すると思うんだけども、

よい道具、人体工学に基づいた設計の道具、
使いやすい、良い道具を使えば、
多少「速度」がカバーされ、速くなる場合があります。

うちは、今あるかわかんないけど、小学校
低学年まで、クレヨンやクレパスより
ベビーコロールという商品が重宝でした。
普通にクレヨンだとばっきばきに折るんだよ、
力強すぎ。クーピーは犠牲になったのだ・・・。
力の入れ加減が分からず、上手に出来なかったらしい。

いわゆるユニバーサルデザインのもの、
乳幼児用だったり高齢者用だったりするものに、
結構いい道具があります。

家で使うなら誰かに見せるわけじゃ無し、
通販でこっそり買うことも出来るし、
そういうものをそろえてやるのもアリだと思う。

この手の情報は実は「受験雑誌」にもあったりする。
合格した先輩のオススメ文具、って感じで。
 #書く量が尋常じゃないので、やっぱり使いやすい
  文具っていうのは、受験生には欲しいアイテムなのだ

三角エンピツにきりかえてから、
2号の計算ドリルのスピード1分縮まりました。
1号は、ガリガリ勉強やっていたころは「シャーペンだと
手が疲れる」とエンピツ一辺倒でした。

道具ってかなり大事。



☆☆「整理整頓」「管理」は色分けで☆☆


ぱっとみて分かる、って立派な補助。
最近、フランス人よろしく、
色別収納を家庭で取り入れてみよう的な流れも
あるので、参考にしてみてください~。

フランス人のセンスがこい。


また、

☆☆「スピードや正確性が要求されない、もしくは少ない遊び」をする☆☆

娯楽でいらいらしたり
哀しくなったりするんじゃ本末転倒だと思うの。

多分、トランプのスピードとか相当アレだろうと思う。
ゲームでもシューティング系とか格闘系の
ボタン操作が煩雑なものはアレで、
どっちかっつーと、ロールプレイング向きだと思う。

趣味や遊びを考えたとき、
スピードが要求される、ってものは避けて、
まったりで長考が許されるものがベストかと。



*****

で、逆に強みだった場合。

事務処理、全然いけまっせ。
机でする作業、いわゆる
デスクワークが苦痛じゃないタイプでしょう。

ノートも恐らく相当きれいに書けると思う。
板書でこまることもないでしょう、

処理速度が速い子が、板書で
「先生、まって消さないで~、書いてない!」って
場合は、余程です、クラスの大半かけていません。

スピードや手先の器用さを売りに出来るかも。

音読や計算も速めです。
毎日の宿題になりがちな、音読や計算ドリルで
問題がなく、さっといけるタイプだと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

まみ

Author:まみ
ひっそりこっそり発達障碍ブログ。スペクトラム注意欠陥女子高校生1号とスペクトラム注意欠陥多動男子中学生2号のオカアサン。宣伝なしのマイペース更新でやっていきます。逃げない、あがく、前をみる。ツイッター「botmamichan」、黒猫アイコン。botが一日2回自動で呟き、手動で不定期投下してます。

カテゴリ
こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。