スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障碍で悩んだ場合、「どこ」に相談して「どう」考えていくか

9月は新学期開始ですので、
連携強化期間とブログで題うちまして

『何処に相談しよう』『誰に相談しよう』
「どうやって関わっていこう」
『具体的にどのような手段があるんだろう』
「どうしたら子供のために,連携相手にまっすぐ伝えられるだろう」
『どんな策なら可能だろうか』
そんな話をハウツーと精神論(おい)交えて出来たらいいと
思っています。

本日は、さわりの部分。
発達障碍をキーワードに
悩み別に『私は基本こう考えている』を
ザッと提示いたします。

勿論これが100パーセント正解ではない。
ジャの道は蛇、貴女の常識は私の非常識
私の常識は貴女の非常識、王道なし、
色んな言葉がありますが、まさにそうです。
これらを読んでも違和感しか感じないとか
自分とは全く違う考えだ、
いい考えだと思えない、というのであれば豪快スルーで。



*******
まだ確定じゃなくて親がそう思っているだけで
でもネットや本で情報集める限り、どうも
わが子が発達障碍っぽい・・・。

とか、

もう病院いったら、発達障碍で確定で、
今までの困らされ感に納得の結論はでたものの、
この先どうしたらいいのか不安でしょうがない、

とか、

うちの子は健常児なんだけど
発達障碍だとカミングアウトしているあの子のことが
気になってしょうがない。
そんな他所の子供と、うちの子の関係について。
うちの子がもしくは親の自分が、
あるいは両方が困り果てているので、
つきあい方というか苦情というか今後の事というか、

とか。

そういう「発達障害にまつわる困り感」を
どこに相談したらいいんだろうか、
どう自分の中で処理していけばいいんだろうか、という
私なりの結論とかまとめ、考え方です、今日は。


*******

『うちの子発達障碍かも・・・』の場合



地域で相談できる、予約さえ取れば
無料でいけるセンターが絶対にある。

療育センターとか発達センターとか名前はまちまち。
管轄の区役所や市役所の福祉課にいって、
「子供が発達障碍かも知れないと悩んでいるんですが、
 どこかに相談できませんか」と
はっきり(小声で)何を求めているのか言ってみよう。

あればチラシやら広報やらを見せながら連絡先を教えてもらえるし、
時にはメモとるように促され『ここに電話して』としかるべき
相談機関を教えてくれる。
場合によっては、その場で電話でそこに連絡とって、
相談の予約をとれるように、橋渡ししてくれるぞ。

ただし、最近、発達障碍について知られてきたせいか、
『相談したい』と言う人が激増していて、
この手の、税金で運営している
無料の相談機関は、えっらい混んでいる。大人気。

半年先にやっと予約が取れる・・・で、当たり前、
下手したら1年後。
夏の終わりの今、
予約の電話入れても受け付けてもらえなかったり、
 #受付期間内に改めて連絡ください、といわれることがある。
あるいは来年の5月でいいですか?とかいわれて、ぐへぇ。
そんなわけで『相談の必要性を切に感じている』ならば、
即動いて、予約取ることをオススメします。

今相談したいのにね。
ちなみに、ごり押ししても日程が
早まることは無いと思っていてください。
そこに連絡をしてくるヒトは皆困ってるので、
『連絡が来た順で』「順番どおり」公平です。

あと、いざ相談となると、
半日以上の仕事になると思われます。

その日のうちに『配慮が必要な子かどうか』の
一本の線をひくところまで、おそらくやる。
朝もしくは午後一番で部屋に入り、
子供が知能テストを受け、親が待機、もしくは
親担当が面談して、今までの困り感やエピソードを
聞き出す。同じ担当なら、子供のテストが終わったら、
専属の保育士に遊び相手をさせている間、親と面談。
そして、遊んでいる様子も実は観察して、
テスト結果とヒアリング結果と現状の様子で
『配慮が必要か』一応の判定がされる感じです。

転勤族でしたのであわせて5箇所、こういう公立の
全国各地の相談機関に行く羽目になっていますが、
何処もそんな流れでした。大差はないと思われます。

ちなみに2号が一番待ったのは8ヶ月。
セカンドオピニオンが欲しくて行った療育センターでした、

ただし、これだけスパンが開くので、『やっぱり
みてもらわなくていいや、子供の説得に失敗した、
引越しが決まるなどして対象でなくなった』などの、
色々な事情で、突発的にどこかの予約枠が開くときってあるんです。

予約の際に『万一、急遽、早い日付で空きができたと
いう場合は一報下さると嬉しいです、極力、合わせます』と
添えておくと、本来の予約より早く順が回ってくることもある。
うちも1度だけ、それで2ヶ月早く診てもらえたことがある。
 #ただし、急遽子供の学校と自分の仕事を休むことに
  なるだの、自分の側の調整が必要になってくるけど

まあ、そういうラッキーもあれども、

今ものすごく困っていて、具体策が必要だ、って
言う場合は、
公立の相談機関で、相談や診療の予約だけでは
しんどいかも。待つ時間が長すぎる。


待てない場合は、発達障害と自分たち親子が長く通える
土地の名前と『児童精神科』『発達障碍』などで検索かけて、
小児科なんかじゃなくて、もう専門の病院がオススメです。

まず、初診で相談して、

うん、どうも、それっぽいと医師が判断したら
 #ここは親からの訴え(今までの特性を感じられる
  失敗談や経験談)と実際に病院に来たときからの様子で
  医師が判断する。親側がネットや本で集めた知識を
  下手に披露して自己完結すべきではないと思います。
  あくまで、事実だけを伝え、現状の子供を診て貰う。

「じゃあ次回知能テスト受けてみよう」という流れになる。

最後にテスト結果に基づくアドバイスと
今後どうするかの決定となるから、

最低でも3回は通うことになると思う。
なぜなら一人の患者にかけられる診療時間は30分。
そして精神科の受診って
保険の関係で間を空けないといけないので、
初診から結論と方針が決まるまで、
他の人の予約状況も関係して、
およそ1か月かかると思います。

1回いって終わり、じゃないから、
通うことが出来る範囲の病院を探すべきです、
「名医がいる遠いところ」などでは続きません、
薬を処方されることになるかもしれません。
数ヶ月に一度は相談に行くことになるかもしれません。
遠くの病院では、距離とお金がかかりすぎます。
移動が子どもにも負担になります。

近くの病院でも『コレはより専門性の高い病院に行くべき』と
判断したら、ちゃんと紹介状が出るので、もしかしたら
かえって遠い病院を紹介される羽目になるかもしれないけど。

精神科の個人病院や公立病院も、今はとても混雑していて、
診てもらえるのは1ヶ月以上先かも知れない。
 #ちなみに、2号の今の病院、初診は4ヶ月先だって。
   夏休み前の予約で、みてもらえるのは冬休み。
   ぎゃー。2号のトモダチの病院は新規受付が
   一時停止になったって。初診は一切受け付けられない
   パンク状態。相談したい人多すぎ!



*******

『わが子が発達障碍で確定!』
でもどうしたらいいのか本当に分からない、と
今は何も分からない場合



困り感に対して具体策や案が欲しいなら、

今こうして、ワタクシのブログを読んでいるあなたなら
ネット環境が整っているわけだから、

発達障碍関連サイトのBBSなどで書き込み、
常連さんからの回答をまってみるとか

相談サイトの過去ログをあさってみるとか

メールお気軽にどうぞという管理人なら
もうこの際、直接メールで、
このヒトは、と思った相手に相談、という手もあり。
  #書き込みやメールのマナーは守って下さいよ。

メールの返信がこない、
あるいは返信内容が、
あれ?怒っちゃってる??と言う場合、
また、公開の掲示板などで、
どうして私が欲しいような答えをくれないの?
・・・な場合は、

「ありがとうございました」と過去形できりあげて、
そことの関わりは縁がなかったと、
他の相談相手を探しましょう、終わりにしましょう。

そこは、あなたの相談相手にしてはちょっと、と言うことでしょう、
距離を置いてください。もうそこには働きかけない。
   #返答に対して感情的に応対しちゃうと本当に荒れます。
    そもそも、どんな答えでも『時間を割いて対応してくれた』
    のだ、という姿勢を忘れてはいけないと思うのです。

近年は『例』が豊富な本、
あるいは体験談のみに絞った本も沢山発行されているので、
そこからもかかわり方のヒントが見出せると思います。
全部は使えなくても、一部は使える、くらいで読んでも。


********
 ネットで検索したり質問したり、本で勉強したりして、
 わが子の困り感に対する理想の対応は大体分かったつもりだが
 周囲の理解がない、環境が整っていない場合


よそに対するアレコレじゃなくて、まず家庭を整えよう。
基盤であり基本だから、家庭環境。

外で辛い思いをしがちな子供が、家に戻って、
ホッと出来て混乱せずに淡々と物事に取り組めるなら、
あるいは
委縮していた気持ちを解放して伸び伸びやれるなら、
それが一番いいじゃない。

そして家庭が安定すると、子供の情緒が安定する、
ってのは有る程度本当。

で、特性があっても家でちゃんとやれるなら、
環境次第でどーとでもなる、という証明にも出来るので、
そしてちゃんとやっている人には
ちゃんと協力してみようって気に周囲もなるわけだから、
家庭での対策をきちんと全力でしたもの勝ち。

発達障碍関連の本やサイトで「コレは使える」と思った
アイデアやシンプルライフ、どんどん取り入れて、
やってあげてくださいませ。
少なくとも家の中では混乱がないように。

それでだね、人は変えられません、残念ながら。

だから、学校がどうしても子供にとって
ダメな場所だった場合や、

どうしても相性が悪い
子供が同じクラスで絡んでくるって場合、

担任が発達障碍について考慮しない場合、
 #ただし、普通級えらんでしまっているのは親だと
  言うこともお忘れなく。うちの子にも経験をさせたいと
  選んだそこは、勿論、苦い経験もする場所なんです。
  発達障碍だと分かっていながら、他の事情も複合的に
  総合的に判断して『普通級』と親の自分が決めたのだから、
  『必要以上の補助はしませんし、出来ません』も当然。

親戚や家族の理解に恵まれない、って場合、

出来る策も限られてきちゃって、
本当に歯がゆいのですが、

人は変えられませんので、自分たちが変わるしかないです。
人が変わることには期待しない。

でも自分たちは、その中でよりよい生活を目指す。
不条理が続く場合にはフェードアウトを考える。
  #いじめられたら逃げろ、ってのは一つの手だと思う。
   理解してくれない、と嘆くだけじゃなくて、
   理解してくれる他の環境を探す、求める、というのは
   有効な手だと思うのね。

悪縁をたってしまって、あるいは最小限のかかわりにして、
自分たちにとって居心地がよい相手や
自分たちの成長につながる相手との縁を求める。
  #ただし、傷の舐めあいの関係ではいずれ破綻する

ちなみに、こういう、
『環境を新しく作る』『新しい居場所』についても、
地域の役所に行くと、親の会やサークルや団体を
紹介してくれたりします。互助、自助というやつです。
同じ悩みを持つもの同士で、明るくやっていきましょう、という
そういう団体や居場所はあったりする。
それらを利用するのも手です。

ただし、利用は自己責任ですので、心が弱っているなら
つけこまれる、変な集団にひっかからないようご注意を。
役所経由で知るサークルならまず安心と思いますが、
広告をうって仲間募集をしているところなどは慎重に。
「**区とは(**市とは)関係が無い団体です」等、
注意書きがちゃんとされた上で、役所にちらしが
おかれている場合もあります。本当、自己責任。

聞いた例では、行ってみたら、
主催者が出した発達障碍本を買うように
強要された(宣伝と売りつけのためだった?)とか、
実は宗教団体だったとか、・・・トホホ。
大人の例では、互助サークルと聞いて行ったのに、
ほとんど恋人探し(もっと露骨に言うと夜の相手探し)が
目的の人が多すぎた、とか。・・・なんだかなー。

発達障碍かんけいなく、趣味などで繋がれるサークルを
探したり、イベントに出かけたりするのも手ですよー。
別にカミングアウトの必要は無い。

自分らしくあれる場所や、居心地がよい場所、
理解して理解してもらえる場所、そういうところは
一つでも多い方がいいです。
どれかがダメになっても、他がまだあるしな。

どっかでイヤな思いしても、
他の居場所で「そりゃ大変だったね」って
言ってもらえるだけで、大分気が紛れたりするし。

まず、家庭という足元を固めたら、
外に居場所を広げていく。複数の場所を持つ。

健全で、安心できる、前に進んでいくための居場所を複数。

所属せざるを得ない苦手な場所、そこを、
自分にとって都合の良いように相手を変えてしまおうとすると
大抵うまくいきません。相手には相手のポリシーがある、
相手の都合がある。あなたやあなたの子供の障碍に100パーセント
あわせる義理はない。
苦手な場所は、そこはそこで『付かず離れず』でいき、
他の居心地が良い場所を確保しておく、がベストかと思います。


*******

不登校もしくは登校しぶりが続いている場合


学校に相談ですよ。
まあ3日だな。3日までは連続で休んでも、アリ。
風邪でもそれくらい休むことはざらにあるから。

ただ、3日を越えて、それでも「行きたくない」『行かない』で
理由を親に話さない場合は、学校に相談。
理由は分からないんですけど、行きたくないって、と。
もし行かない理由を親に話して、
それが大概だったらトラブルだったら、やっぱり学校に相談。

相談したら上手く行くことって意外とあるよ。
親は思い当たらない、知る由もない、何かがあるかもしれない。
先生は何か、クラスでの様子から心当たりが有るかも
知れないじゃん。

また、放課後(他の子に会わない時間帯に)
アポを取ってから(←重要。会議や出張で先生がいないことも)
親子で学校に行けば、
親に話してくれなくても、担任には理由を話すかも知れない。
親や担任には話さなくても音楽の先生には話す、など
ちょっとだけでも関われる他の先生がいるかもしれない。

そして学校でも対応をした結果、
あっさり学校に戻れるかも知れない。

学校に正直に、「学校に行きたくないって
言っています」とSOSを発信して、相談してください。

基本SOSが出ない限り、学校から「もしかして不登校?」って
いってこないよ。体調不良が続いているのね、くらいにしか
思いません、だって親が言ってないんだもん、本当の理由。
学校に伝えないと、何も動かない。

学校にあんまりな原因がある場合、
当然、その原因を取り除く努力を教職員はしますが、

どうしても、の場合、
前述の通り、もう「転校」というフェードアウトもあり。
てか、学校にすっごい強烈なの(例・他害児)が居て
どうしても学校いきたくなくて不登校、って、それしたら、
結局、不登校選択のその子の進路がかなり狭まれることになる。
学ぶ権利があるのに。勿体無いよ。
学校をかえて環境を変えて、勉強は続けたほうがいいと思う。

早めに相談、早めに手だて、早めに連携。



で、まあ、登校しぶりを学校に相談した結果、
それでも教室や教員には特に原因と思われることがなく、

どうも「うちの子の考え方や捕らえ方が問題」
「これってもしかして、障碍特性・・・?」だった場合、

そのときは病院いって相談だよ。

「家では今まで違和感を全く感じていなかったんですが、
 小学校では問題行動が多かったらしいのです。
 学校に行けないんです。」と
医師に相談すればいい。
で、担任の先生から聞かされた、
どうもおかしいなと思わされた学校でのエピソードを医師に伝える。

複数の場所で困り感が出る、ってのが
発達障碍の定義の一つだから、
「**では困っていないけど、▽▽では滅茶苦茶困る」は
あり得る話しなのだ。
家では困ってないけど、学校では滅茶苦茶困る、が成り立つの。

逆に言うと、そう言う、環境に大きく左右される凸凹が
発達障碍の証だと思う。

発達障碍じゃなくて、うつ、とか、
全く違う病名が出ることもあるだろうけども。
障碍じゃなくて、病気ですよ、と。
発達障碍じゃなくて、他の障碍ですよ、と。

その特性のせいで学校に行くこともままならぬ、
その特性のせいで日常生活が送れない、っていうのであれば、
そのとき初めて、病院の出番です。専門家の目を。

本格的な不登校になる前に、
連携をとるべき「学校と連携の努力」を。
それでも駄目なら、もう病院も視野に。



********

わが子じゃなくて、発達障碍と確定の、あるいは
他害があるなどの、
ご近所やクラスメートの子供が悩みの種の場合



発達障碍と周囲にカミングアウトしている親なら、
相応の知識もあり努力はしていると思われる。
できる対策はうっている。
でも問題行動はゼロになりにくいのだと思う。

ただし、この10年で実感したことだけど、軽度なら隠す。
周囲にカミングアウトなんてしないし、する必要が無い。
 #する相手は、指導にあたる担任くらいでOK

残念ながらかんしゃくが他害につながる子供もいる。
常になんだか不機嫌で怒っていて、
暴れられるなら誰が相手でもいい、
目にはいったものをとりあえず壊す、という
本当に困った子供も、たまに居る。
 #ぶっちゃけ、それ発達障碍じゃないと思う。
  他の診断名が降りると思う。書かないけど。

他害児がいる場合の教室運営は、担任にとって、
本当に大変なことになると思う。
保護者だって周囲だってヒヤヒヤするよね。
つか『普通級をどうして選択した!』とさえ思う子もいる。
私も、過去1号が小学生のときに経験済み。強烈な子がいた。
「**くんが暴れだしたから、皆、教室から出なさい!」って
担任が叫ばざるを得ないような場合もある・・・。
当時、殴られてあざが出来た同級生がいました、
骨折した同級生が出ました。器物損壊はしょっちゅうでした。

そうはいうものの、障碍なのだから、
一般的な躾では対応できない部分も多いので、
親は考えて努力もしているけど
おそらく結果がなかなかついてこないんだろうな。

だから、発達障碍のあの子のアレコレで
自分の子供が嫌な思いをしないか傷つかないか、
ハラハラすることは相当あるだろうし、
大人の自分ですら、その子の暴言や失礼な物言いに、
ムッとすることや理解に苦しむこともほぼ毎日、起きると思う。

隣人としてクラスメートとして受け入れが出来るかどうか、
その境界線は、
『他害があるかどうか』『実害があるかどうか』だと思う。

自分の子供が
怪我して帰ってきたとか泣いているとかがあったら、
即座に(ただし冷静に)真実を求めて、
担任の先生を中心に、
相手の親とも話し合いというか事実確認をして下さい。

でも実害がないのに、子供は気にしていないのに、
特に問題行動がないのに、発達障碍と知ったから、
親が『障碍児と同じクラスはいや!』と騒ぐのはどうかと思うよ。
それを差別というのです、多分。
発達障碍児の親として、というより、一人の人間として、
こういう差別丸出しの親は苦手だなあ、確実にいるけど。
お前の子供が、万一の不運な事故で障碍者になったとしても、
お前わが子に「いや!」って言っちゃうの?と聞きたくなる。

カミングアウトされたことによって、
発達障碍だと知って、戸惑って動揺して、
どうもつきあい方が分からない、というパターンでは、

今後も付き合いたい場合と
出来るだけ距離をおきたい、付き合いたくない場合で、答えは違う。

今後も付き合いたいなら、正直に、
いざ、相手の特性でこちらが困った時に
「またこういう風になったら、次からどうしたらいい?」と
発達障碍児の親に聞けばいい。

出来ないことを案として提示されたら「それは出来ない」
「そこまでは出来ない」「コレなら出来るけど、どう?」と
交渉したり、あーそれは無理だとハッキリ言って良い。

そうやって、話しをして折り合いを付けて、
出来る範囲で付き合えばいい。

で、なんかもう、
その発達障碍児がウチの子になんかするわけじゃ
ないんだけど、それでも、何かされそうで不安とか
障碍って聞いたら、もう生理的に無理、って結論に至ったのなら、

別に挨拶(会釈)だけしとけばいいんじゃね?

教室で子供同士のかかわりを見守る保護者として居る。
『同じクラスに障碍児がいるけど、うちとは余り
交流ないし』位のスタンスでいるのが、カドは立たない。
家に招待するとかしない、プライベートで付き合わなきゃいい。

なんかだらしない発達障碍児って少なくないんだよ。
人前で鼻くそほじるだの、格好が季節に合ってないだの、
お気に入りだからっていつも同じ薄汚れた格好でいたり。
人のこと落ち着かなくするレベルでガン見とか
いつでも貧乏揺すりが止まらないとか。
あと「多弁で一方的」で、関わって疲れる子も少なくない。
表情に動きが無くていつもニヤニヤという子もいる。
体の距離感、心の距離感がつかめてなくて、
やたらベタベタ触ってくる子もいる(親は『仲がいいのね』
『ダイスキなのね』とニコニコしていて、おいおい・・・、
触るな!と怒りたくなる、痴漢レベルの子も稀にいる)。

だから単純に「あ、なんか無理」「耐えられない」っていう子は
やっぱり居ると思う。
たとえ障碍という、その子のせいではないことが理由でも。

受け入れられないのは、もう、しょーがないよ(苦笑)、
大人だって人間だもの。
健常同士でも「合う・合わない」はあるもの。

ただ、その、嫌悪感や実は持っている差別の心を
外に出しまくって表現しちゃって、

相手を傷つける権利、
いじめる権利、いないものとして扱う権利、
人格無視していい権利まではないわけで、

だから、まるーく滞りなく進めるために、
挨拶だけはしとけばいいんじゃね?

個人的に誘われたら、仕事があるから無理だ、
体調が悪いから遠慮しておく、先約があるので、など、
行きたいけど行けないのよ、ってカドがたたない
理由を嘘でもつけて、その都度、困った笑顔で断る。



スポンサーサイト
プロフィール

まみ

Author:まみ
ひっそりこっそり発達障碍ブログ。スペクトラム注意欠陥女子高校生1号とスペクトラム注意欠陥多動男子中学生2号のオカアサン。宣伝なしのマイペース更新でやっていきます。逃げない、あがく、前をみる。ツイッター「botmamichan」、黒猫アイコン。botが一日2回自動で呟き、手動で不定期投下してます。

カテゴリ
こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。